教える技術は必須!教え上手な先生を選ぶ!

教え上手かどうかが効果を決める

個別指導塾では先生が重要なことはよく知られていますが、先生のどんなところを重視する必要があるのでしょうか。見極めが必要なポイントの一つとして挙げられるのが教える技術が高いかどうかです。教え上手な先生に恵まれると学力も伸びやすく、勉強することへの意欲も高まる傾向があります。教えるのが下手な先生に担当されてしまうと授業を受けても内容がさっぱり理解できず、質問をしてみても説明がわかりにくいことが続いて質問する気力も失せてしまいがちです。また、意欲を削いでしまうような授業をしてしまうことも多く、勉強したくないと生徒が考えるようになってしまうことも珍しくありません。 個別指導塾の先生は誰もが教え上手というわけではないので注意が必要です。塾に通う効果を決める重要な要素なので、塾を選ぶ段階だけでなく、通い始めてからも先生の教える技術の高さは気にかけておくようにしましょう。もし指導をしてもらっている先生の指導力に疑問を持つようになったら対策を立てることが必要です。気付いた段階で本当に教える技術があるのかを正しく見極められるようになりましょう。そして、どのようなやり方で対策できるのかについても理解しておくのが大切です。

教え上手な先生に教わるには

本当にこの先生はとても教えるのが上手い人なのかと疑問に思ったときにはまず比較して見極めるのが大切です。塾に相談して他の先生の授業を体験できないかを聞いてみましょう。先生の指導力に疑問を持つようになったという説明をするよりも、他の先生の授業も受けてみてより良いと感じたら先生を変えたいと伝えるのが効果的です。もしその塾では対応してくれないのであれば、他の個別指導塾に相談してみましょう。体験授業を受けさせてくれる塾も多いので、その場で比較して良し悪しを見極めましょう。

このような方法で比較した結果として、やはり今の先生には指導力がないという結論に達したら、先生の変更を申し出てみましょう。塾によっては制度として取り入れているので自由に変更できます。先生を選べる仕組みがない場合にも事情を話せば変更してくれることもあるので相談してみるのが大切です。もしそれでもダメな場合には他の個別指導塾に転塾することも視野に入れましょう。体験授業を受けてみたのなら入塾手続きもスムーズに進められます。ただ、他にもっと良い先生がいるかもしれないので、転塾するならできるだけ多くの塾の授業を受けてみて最も良いところを選ぶのが賢明です。

志望校合格の可能性を少しでも高めたいなら、受験対策が大切です。高校受験の個別指導を活用して苦手分野の克服、得意分野の更なる強化を図っていきましょう。個別ならではのきめ細かな指導が期待出来ます。