生徒にやる気を出させる先生は成績を伸ばせる可能性が高い!

個別指導塾の成績アップには「オーダーメイドの目標」が効果的!

「自分のペースで勉強したい」という理由で個別指導塾に通う方も多いのではないでしょうか?大きな教室でたくさんの同級生と学ぶ集団式の塾とは違い、自分が苦手な分野に時間が割きやすく勉強がしやすいですよね。一方で、個別指導塾では生徒と先生が一対一、または二対一で授業が行われるため、自分が他の生徒と比べてどのくらいの学力を持っているのかを実感しにくいです。そのため生徒が「次のテストはあの子に勝つぞ!」や、「今度こそクラスの平均点を上回りたい」というモチベーションを持ちにくいという点があります。 そこで重要なのが、先生が生徒に対して「明確な目標を設定すること」です。例えば、「君の志望校の合格者は、昨年このテストで平均85点取っていたよ!君も目指してみない?」や「英単語をあと100個覚えたら、このテキストの英文がスラスラ読めるようになるよ!」など、生徒の学習段階に合わせた「オーダーメイドのアドバイス」をするのです。これによって生徒は「今自分は何を頑張れば良いのか」を具体的にイメージすることができます。さらに、自分の学習段階に合ったアドバイスは、生徒に「ちょっとチャレンジしてみようかな」とやる気にさせる効果を持つことが多いです。 他の生徒と競争する機会が少なくなりがちな個別指導塾ですが、生徒をよく理解する先生の声掛けで生徒の「自分との競争」をサポートすることができます。

先生との「程よい距離感」でやる気も成績もアップ!

塾で勉強する上で、先生との関係はとても重要ですよね。個別指導塾は先生とより密に関わるので、さらに重要です。苦手な先生だと、授業も憂鬱になるし、わからないところの質問もしにくくなります。しかし、先生が生徒と友達のように仲が良くなると、授業で緊張感がなくなるということがあります。そのため、先生が生徒と程よい距離感をとることが重要になります。 個別指導塾での先生と生徒の関係において、生徒に「この先生になら何でも質問できるな」と思ってもらうことはとても大切です。授業中に分からないところを質問することはもちろん、周りの生徒との関わりが少なくなりがちな個別指導塾で、先生に志望校や勉強方法について話せることはとても大きな心の支えになります。また、授業中、時間いっぱい黙々と勉強するより、途中でちょっとした世間話をしたほうが集中力が最後まで続くことが多いです。そのため、先生が生徒となんでも話せる関係を作ることが重要です。 一方で、先生が生徒にとってただの「年上の友だち」にならないことも重要です。特に個別指導塾では、生徒と先生の距離が集団式の塾よりも近くなるため、時間の経過とともに緊張感がなくなることが多いです。しかし、メリハリをつけて「やるときはしっかりやる」ことは効率的な学習にとても重要です。そのため、生徒と先生がある程度の緊張感を持ち続けることが大切でしょう。

中高一貫の塾では大学合格をゴールとして捉えるのではなく、生徒に主体的な学習習慣を身につけさせることを重視する傾向があります。